梅雨時ですが・・・。

tweetbutton

 高温多湿の鬱陶しい日が多くなりました。いかがお過ごしでしょうか。

pixivに投稿した画像の枚数も300枚を超えました。(継続は力なり。)
だからどうってことはないのですが・・・^^;
DOAキャラの方はたまに追加衣装が発売される程度でそう頻繁に更新がある訳では
ないのでそこそこ手を付ければ、そこそこネタ切れ(単なる言い訳ですが。)
やはり最近の主体はDAZキャラになっているようで。

まあ、テクスチャーの再指定のような面倒な作業が無い分作業性がいいのと
頻繁に新作洋服などの発表があるのとでネタが豊富なのが大きい要素。
閲覧数や評価点数を見ると当然の事ながらDOAキャラは群を抜いているのですが、
一枚の画像にそれほど日数をかけていられないのと、キャラ抜きの違反行為を
しているものを使わなければならない後ろめたさ^^;
エロ可愛いものに国境はないという事でDAZキャラ頑張る・・・。

DOAキャラとDAZキャラでは、ポリゴン数がかなり違うのでポリゴン数の多い
DAZキャラはポージングしても関節などほんとうに美麗。(うっとり・・・。)
逆に言えばリアル過ぎて変に曲げすぎたり回しすぎると痛そう^^;
おまけに関節をより綺麗に補正するアドオンまで存在したりする。
何とかDAZstudioとかposerでDOAキャラを再現できないだろうかとつい考える。
でも、自分の思ったような人相の顔を作るのはかなり難しいからな^^;
そのうち余裕ができたら挑戦してみよう^^
ちなみにPoserの方は、若干放置気味。ついつい慣れた方を使ってしまう。
今日もエロカワ求めて着せ替えゴッコ開始です。

【本日pixivに『カジュアルに涼しげに』を投稿しました。】



RSS Followbutton

もう、もちゃもちゃ

tweetbutton

 とにかく、伸びるのが早いのです。
何時になく暑いので思い切って今日は毛を切りました。前回のカットからまだ2ヶ月経っていません。
あたしは短いのが好きなのでマメにカットしたいのですが、切り始めると2時間くらいはかかってしまうし、
シャンプーをしなくちゃいけないので、半日は潰れてしまいます。
美容院に連れて行けば?って話もありますが、高いし自分の思ったようにカットされないことが多いので、
もっぱら家で切っています。バリカン3本にハサミ2本使って・・・。

 上がカット前、下がカット後。知らない人に言わせれば、シュナウザー・・・だよね?

正真正銘のミニチュア・シュナウザーです!サマーカットではあるけどね^^;

びび 



RSS Followbutton

次はPoser?

tweetbutton

 DAZstudioをチマチマと弄ってみているが中々思ったような作品は出来ない。
せっかくなので作った3DCGをPixivにアップしておりますが駄作ご勘弁を^^;
こうなってくるとPoserの方もちょっと使ってみたくなる。
プロ版は無理なのでPoser10の日本語版をネットで購入してみた。
・・・これのどこが日本語版?しっかり英語版じゃん。
間違えたのかと思いサイトを見直したがこれしか無いんだから間違えようが無い。
はて?と検索をかけてみると、なるほどランゲージ切り替えは完全手動。
パッケージ版ではないので説明書はついていない。パッケージ版でもロクな
取説がついていない場合が多いが(特に輸入ソフトの場合。)
もうちょっとサイトに説明でもあれば親切でいいと思う。

 日本語フォルダーを上書きコピー、古いバージョンのBlenderみたいだね^^;
再び起動・・・なるほど、メニューなんかは日本語になってるね。
でもこういうのって日本語版って言うのかしら^^;
単にパッチ当ててるだけのような・・・まあいいか。
深く考えるのはやめにしてとりあえず遊んでみることにした。
DAZstudioからデータを持ってくるにはDSONimpoterが必要らしいのでしっかり
DAZ3Dから頂いてきました。(ちなみに無料です。)

 DAZstudioの操作に慣れたせいか、なにか使いづらい。
雰囲気的にはDAZstudioに似ている感じである。というよりもDAZstudioの方が
後発な訳だからDAZstudioがPoserに似ているってのが正解か。
ライティングの仕様とかマテリアル、シェーダーなどは互換性が無いのかなぁ。
Genesis2まではDOSNimpoterでそのまま読み込んで使えるけどGenesis3は
ダメみたいね。
外部レンダリングでも使わないと標準装備のレンダリングはイマイチなのかなぁ。
もっと使い込んでみないとわからないけど、これに2万近く使うならば、
DAZstudioを無料でもらって、2万円分のコンテンツ買ったほうがいいような
気がするのはあたしだけでしょうか^^;
まだ初触りなので何とも言えないのですが、ライティングは設定しやすい
ところにあるので使いやすいようです。
ソフトそれぞれに一長一短あるのでやっぱり暫らく遊んでみるしかなさそうです。
こんなに手を広げちゃって平気なのかしら?(手をつけてから言うな・・・。)

【本日、Pixivに『Cute Dress』を投稿しました。】

 



RSS Followbutton

DAZstudioで遊ぶ

tweetbutton

 3Dソフトの場合、X,Y,Z軸の三次元軸と拡大縮小などがあり
これを回転とか移動しながら作業するのですが、必ずしも統一されて
いないのが実情です。
キーの割り当てを変更して自分の使いやすいようにカスタマイズするのも
手ですが変更することで不都合が起こることがあるので・・・。
あたしの場合、Blenderの操作が一番慣れているので、ついその感覚で
動かしてしまい、あっ、違った・・・など頻繁に^^;
MMD、PMDEditer、メタセコイア、Blender、XPS、DAZstudioどれも違う。
まあ、習うより慣れろと言うことでしょうね。
とりあえず、手に入れたデータをインストールして、それを使って遊んでみました。
XPSは単にモデルのボーンを動かしてポーズを作るだけですが、DAZstudioは
それに加えてモーフィングでモデルを変形する事ができます。
その辺が大きな違い。これはMMDに似た機能で面白いですね。ハマりそう^^;

 かなり色々な機能があってこれが無料というのは、DAZさんかなりの太っ腹。
コンテンツを売る会社ということもあって、本体を無料配布することで、
コンテンツの売り上げを上げる戦略は大当たりのようで、現在はユーザー数も
伸びでいるようです。
DAZストアは頻繁にタイムセールやらを繰り出して販売促進をしていますね。
誘惑に弱いあたしはしっかり乗せられてるな^^;
3Dカスタム少女のような感じでプロポーションや顔のパーツの変形ができるので
オリジナルっぽいデータも作ることが出来ます。
プロ版と言うことで他ソフトとの連携なども用意されているようで、
更に追加データで拡張編集のような事まで可能。これはすごいな。

 このDAZstudioはIrayレンダというのが搭載されていてBlenderのCyclesに
似た感触のレンダーでフォトリアルな画像には良さそうです。
暫らく遊べそうなので、DOAの画像の他にDAZで作った画像もPixivに
投稿してみようと思います。興味のある方は観ていってね。
DOAはキャラクターの著作権で画像の投稿にも問題があるのですが・・・。
DAZの規約では、DAZフィギア自体の配布などには細かい制限がありますが、
それらを使って作られた画像については公開自由だそうなのでこちらが
多くなって行くんでしょうね。
第一DOAはCyclesレンダのマテリアル貼り直しがハンパないし^^;

【本日、Pixivに『春の装い』を投稿しました。】 

 



RSS Followbutton

とりあえず情報収集

tweetbutton

 何をするにも最初は情報収集が必要なので参考に色々な方々のサイトを
巡っていると、DAZ3Dの他にもDAZstudio用のデータを扱っているサイトの
リンクを目にします。
そちらの方も見てみるとDAZ3Dと違ってPoserのデータが多いのと、
旧バージョンVictoria4のデータが多いことに気が付きました。
DAZ3Dの方はDAZstudio用のデータが主流で(ほとんど全部と言っていいくらい。)
DAZstudioの配布先のサイトだから当たり前と言えば当たり前なのだが、
Poser専用のデータと言うのは無いようである。
Victoria4関連も当然扱っているがGenesis3とGenesis2に力を入れている感がある。
あたしは始めたばかりなので、実はその差というのはあまり良くわからない。

DAZ3D以外のサイトでVictoria4のデータを中心に扱っているのは
その出品されている関連データの多さのようだ。
確かに関節の処理など新しいものほど綺麗なようだが、それを補正する
ユーティリティーも販売されており、何よりもPoserへの互換性が高いらしい。
なので、未だにVictoria4のデータを出品する人が多いようだ。
やはり、出品数が多いと素敵なデータの多いようで・・・。
そこでDAZ3Dの他にRENDEROSITYなるサイトも覗いて見ると、ここでも
タイムセールとかやってるし・・・。Poser本体まで売ってるよなぁ。
案の定Victoria4用のデータで素敵なお洋服とかい~っぱい。
Poserオンリー的なのも多いけど、DAZstudioでも扱えないことは無いようだ。
おまけに最近ではVictoria4のお洋服をGenesis2などに着せられるようにする
スクリプトなんちゅーのも販売されているようだ。
ただ、それを利用するには変更前と変更後のフィギアのスクリプトが
必要のようで、結局全部買うことになるじゃないか^^;

 まあ、色々なデータが販売されているので、じっくりと物色してみよう。
やっぱ、エロ可愛いお洋服なんかいいよねぇ。自分で着られないような
フォルムのもの着せたりして、可愛い~いとか喜んでみて・・・変態?
でもいいんです。可愛いもの大好きですから。あたし^^

【本日『春本番』を投稿しました。】
 



RSS Followbutton

誘惑に負けそう

tweetbutton

G2F-Saori いざ初めてみると風景が欲しいなぁとか、
お洋服欲しいなぁとか色々と出てきますよねぇ。
あたしだけかしら?^^;
なので、DAZ3Dのショップをちと物色・・・。
なんと無料配布のデータもあるではないか、
ラッキーとばかり飛びついてみる。
これってベースが無いと使えない洋服のテクスチャー
とかもあるのね。ブツブツと呟きながら英語の説明で
イマイチ良く解らないけどイマイチな翻訳を見ながら、
数点手に入れてみた。
ついでにPremiumClubなるものの内容を見てみる。
有料会員制度のようでDAZ3Dショップ内の商品の
割り引きがあるらしい。
それは後で検討するとしてタイムセールやってるし・・・。
Victoria6などが58%off、プレミアム会員は75%off、
Today onlyって、今日だけかい^^;
欲しいものを計算してみるとプレミアムの会費払っても
入って買ったほうが値引きでお得ってことで早速手続き、
んでもって数種類のデータをゲット。
って、しっかり乗せられた感じだ^^;
さすがに商売上手いよ。
どうせ、またいつか同じセールやるんだろうけどね。
本日限りとか言われるとつい、手が出ちゃうんだよねぇ~。
DAZ3Dの商品は、DAZインストールマネージャーというソフトを使うと
ダウンロードからインストールまで自動的にやってくれる。こりゃ便利だね。
おまけにデータやプログラムなどのアップデートもやってくれる。
至れり尽くせりだ。
英語版で扱いにくい点も多いけど、無理をしてでも使ってみて良かったと
思う日が来る・・・そんな気がする。(後悔したりして^^;)



RSS Followbutton

結局ハマるんだ

tweetbutton

 ソフトを手に入れたのはいいがご想像通り全て英語の英語版・・・。
まあ、当然といえば当然なのだが英語が全くダメなあたしにとっては、
また苦悩の始まり。アマゾンで日本語で書かれた解説書が出てないか検索。
一種類だけ発刊されているらしい。(ただしDAZstudio4.6のもの)
結局これを購入・・・やっぱ無料じゃ済まないじゃん。

 さすがアマゾン翌日には到着。早速ナナメ読み・・・^^;
バージョンの違いから若干のメニュー配置の違いなどはあるが基本操作は
何とか解りそう。細かいところはネットで諸先輩方のブログなどを参考に
イジイジしてみるしかなさそう。
ソフトの使い方はそんな感じで進めておいて、興味をひいたのはShop。
DAZ3Dのサイトショップには、DAZ用のコンテンツがいっぱ~い。
ほおほお、色々なものが出品されてるんだねぇ。
そのうち、DAZstudioが使えるようになったら、また遊びに来よう^^

 今回頂いたDAZstudioには、Genesisというフィギアとかチュートリアルに
使う素材がいくつか付属している親切さ、これはかなりお得。
要は、お金をかけないようにしようと思えば不可能ではない訳で・・・。
あたしは無理だろうなぁ、誘惑にすぐに負けそう^^;
元々、DAZstudioはPoserから分離したグループが開発したものらしいです。
なので、当初はPoserとのデータの互換性を維持していたらしいですが、
最近はまた色々あるようで・・・それはともかく、DAZstudioをイジイジ
しながら、Poserについても検討してみる。
こっちは日本語版も出ているらしいが有料なので買わないと試せないっと。
試用版は英語版だよねぇ。プロ版の2014は6万円近く・・・無理!
日本語版の最新バージョンはPoser10かこれ買ってみるかなぁ。
とりあえず、あちこち手を付けてもしょうがないからDAZstudioを頑張るか。
そして、XPSと同様に英語版ポージングソフトとの戦いが再び幕を開けるのでした。



RSS Followbutton

Pixivに投稿するようになって

tweetbutton

 入会当初、まさか自分で作品を投稿するようになるとは思ってもいなかった
Pixivに頻繁に通うようになって、他の方の作品が気になるのは当然のこと。
特に同類の3DCGに関しては皆さんどんな作品を出されているのか参考に
したいところも多いので、サクッと検索。

 ほおほお、結構勢力的に出品されている方もいるようで、中には投稿数が
2000を超える方も・・・すごいな。確かに筆記具を使って絵を描くのに
比べれば生産性はいいのかもしれないけれど、桁違いね。
一枚レンダリングするのに一時間も二時間もかかっているようじゃ到底無理^^;
では、拝見・・・なるほどねぇ。
作風はともかくとして、Poserというソフトの作品投稿が多いように思えるわね。
そこでPoserをググってみると、ふむふむポージングソフトか。
XPSのような・・・ただし有料っと。モデリング機能はPoser自体には
無いみたいね。プロ版もあるのか、高・・・。
Poserの試用版もあるみたいだから試してみるのもいいかもしれない。
いわば、現在持っている3Dカスタム少女の真面目バージョン!

 冗談はともかく・・・色々調べてみるとコンテンツの販売にも力を
入れているようだし、自分でモデルを作って販売している人もいるのね。
まあ、この辺は3Dカスタム少女と同じだけれど、こちらはゲームではなく
純然たるポージングソフト、欲しいかもしれない。(また始まった^^;)
暫らく探りを入れていると、DAZなるものが出現・・・何これ、
新手が登場した。これもググってみると、これもポージングソフトのような
Poserのデータファイルとある程度互換性ありかぁ。面白いな。
おまけに現在本体ソフトが無料・・・無料かでは、早速・・・。
配布サイトに行ってみたが、やっぱしかぁ。全て英語。当たり前だよね^^:
どうも無料でソフトをいただくには登録をしなければいけないらしい。
なので、英語の全くダメなあたしは、諸先輩方の教えをネットで探りながら
何とか無事にDAZstudio4.8proなるソフトを無料で入手したのでした。
パチパチパチパチ、めでたしめでたし。



RSS Followbutton

3DCGを作ってみる

tweetbutton

 素敵なキャラを使って画像を作成してみようという試みの手始めとして
XPS用に配布されている物を色々頂いてみました。
やっぱしポートレートのようにキャラクターだけって訳にもいかないので
風景とかも・・・しかしこれがまた大変。
3Dの風景ってマテリアル数が滅茶苦茶多いので設定し直しが地獄です。
キャラクターの比じゃない^^;
2Dの風景画像をバックに持ってきてみたけれど、やっぱり浮いて見える。
まあ、こういう手法も一つだけれどちゃんとした背景も欲しいので
ちと頑張ってみたが、やはりしんどかった。
できるだけマテリアルが少なそうで単純な物を選んだつもりだったが、
それでも百数十のマテリアル設定が・・・。
いや~、これ作った人って根性あるねぇ^^;

 最初に手がけた風景のマテリアル貼り直しは、慣れていないのも手伝って
三日の日数を費やしたのでした。(いい加減やめようかと思ったわよ。)
何とかならないのかなぁ、と思いながらもここまでやってやめるのも
悔しいと最後までやりきったが、ど~っと疲れた^^;

 DOAのキャラクターを色々弄くりまわし、ポーズを付けて
Blenderに取り込んで保存。マテリアルを設定し直した背景を読み込み、
そこに保存しておいたDOAキャラをマージする。
その後、ポーズの修正やら色々行ってから、小さいサイズ、粗めの設定で
レンダリングしてみる。
こんなもんか・・・画像サイズを大きくしてサンプリング数を増やして
いざ本番レンダリング・・・レンダリング予想時間・・・60分って
結構かかるな^^;
お茶でもしながら待つことに。これは何か工夫しないとダメだなぁ。
それは追々考えるとして、せっかく作成した3DCG画像たちなので
(まあ、これも問題無いわけじゃないですが^^;)Pixivで
見ていただくことにしました。
もちろん、クレームが来たら即座にやめますし削除もします。
左下の方にあるPixivのウィジェットで上があたしの投稿画像、
下がPixiv全体のランキング画像です。

 ただしここではR-18に分類される画像は表示していません。
大きな元画像やR-18画像を見る場合には直接Pixivで見てください。
ウィジェットをクリックするとPixivに飛びます。



RSS Followbutton

新たなる挑戦

tweetbutton

 配布されたものをそのまま使ってポーズ付けて画像にするだけなら
XPSだけでもそれなりの物はできますがそれで収まらないのが
あたしの悪い癖。でも確かにそれじゃ単なる塗り絵、おんぶにだっこ・・・。
冗談はともかく。MMDに使わないにしろBlenderで少しはマシなものにと
(あまり変わらないという噂もありますが^^;)

 Cyclesレンダに挑戦してみることにしたが・・・これがかなり面倒なことに。
XPSからインポートしたファイルのマテリアル設定がCyclesレンダ
ではリセットされる。したがって再設定の必要があるとの事・・・。
これって凄い手間なんじゃ?試しにそのままレンダリングしてみても
表面真っ白、彫刻だねこれじゃ^^;なんでも簡単には行かないわねぇ。
マテリアルの設定は、MMDでもやってきた事ですが、
それはそれは面倒くさい。でも、ここまで来た以上やるっきゃないか^^;

 おもむろに設定開始・・・テクスチャーを設定して、表面材質・・・。
気が遠くなりそうだ。それでも数時間後設定終了。ふぅ~、終わった。
使い回しならいいけど毎回これじゃストレス溜まるよね。
そんな事を呟きながらレンダリング。画像サイズが小さいのと
レンダリング精度が低いのとで数分のうちにレンダリング終了。
ほおほお、なかなか素早いレンダリングだね。まあ、表面ザラザラだけど。
レンダリング時間はPCのスペックに大きく左右されるがサンプリング数と
画像サイズを大きくしたらそれなりに時間はかかる。

 MMDはその性質上素早いレンダリングが必須ですからフォトリアルな
レンダリングとは行きませんが写真のような画質を要求するならば、
一枚数十分~数十時間、場合によっては数日必要です。
そんなにかけていられるわけも無く、そこそこで妥協するしか無いよね。
また一歩深みにはまっていくのでした。



RSS Followbutton

Followbutton

カレンダー

2017年4月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30